HOMEJA尾道市概要 > 理念・経営方針

■JA尾道市の経営理念

JA尾道市では、農業、農村、地域社会を支え、JAの役割と特徴を発揮することにより、組合員をはじめとする利用者・地域住民・消費者と共に「共生」できる真に豊かな社会を実現するため、地域に永続的に貢献できるような組織再編の実践と各事業部門の充実強化を図り、コンプライアンス態勢の強化を行い経営の確立を目指します。そして、組合員利用者の負託に応え得るサービスの提供並びに満足度の向上に努めます。
また、農業の基本理念といたしましては、「人を育む」「農を育む」「地域を育む」を掲げ、積極的な活動を展開いたします。


■JA尾道市の経営方針  (平成27年度)
1 組織基盤の強化
 (1)地域農業の担い手対策として組合員の加入促進と正組合員の後継者対策に取り組む。
 (2)女性視点による運営を進めるため、女性のJA運営参画に取り組む。
 (3)支店を地域協同活動の拠点と位置づけ、豊かで暮らしやすい地域社会の実現に取り組む。
 (4)組合員・地域住民とつながるJA教育文化活動に取り組む。
(5)地域と連携し食農教育を通して、幅広い世代に食の大切さと農の役割を啓発する活動に取り組む。

2 持続可能な地域農業の実践と総合事業性の発揮
 (1)地域の核となる担い手と多様な農業者の育成を図るため、JAの総合力を発揮した支援に取り組む。
 (2)「第3次営農振興計画」の実践運動を通して地域農業の振興を図り、持続可能な農業の実現に取り組む。
 (3)農業者の要望に対応できる営農指導体制を強化する。
 (4)JAの強みを活かした総合事業を展開し、利用者との関係強化を図り事業利用の深化に取り組む。

3 将来にわたるJA経営基盤の充実強化
 (1)コンプライアンスを経営の最重要課題とし、「法令等遵守の実践計画」に基づき内部管理態勢の高度化を図る。
 (2)自ら改善・改革を実践していく自立的な職場風土を醸成するため、「活力ある職場づくり」を進める。
 (3)経済事業を見直し効率的運営に努め、収支バランスの改善を図る。
 (4)組合員・利用者の信頼を確保し要望に応えられる体制を目指し、組織再編計画に基づき実践する。