JAおのみち8月号309
13/20

13【ふれあいセンター】まごころ込めて心に残る葬儀をお手伝いさせていただきます。葬儀、搬送車のご用命は0120-560948(24時間受付) 「やすらぎ会館東尾道」(☎0848-46-1150)「やすらぎ会館みつぎ」(☎0848-77-0848)「やすらぎ会館せら」(☎0847-25-0025)平成25年8月【北から 南から】みかど別館で行われた友の会総会(吉和地区)成25年度事業計画」、「共済友の会役員改選」について審議され、全ての事項が承認されました。総会終了後には、日ごろのご愛顧に感謝を込めて、懇親会を開き、参加した会員とJA役職員が交流を深めました。 今年度JA尾道市共済友の会は、保障の充実、普及拡大としあわせの輪をひろげる活動を展開していきます。平成25年度共済友の会総会を開催ご愛顧に感謝を込めて懇親会開く最優秀作品が凱旋JA尾道市の産直に展示 第47回共済友の会総会が6月29日(土)の栗原地区から始まりました。8月10日(土)まで「みかど別館」を中心に28回に分けて開き、約2,000人の会員が参加しました。 各地区の総会では、それぞれの地区の友の会会長が挨拶し、JA共済連広島県本部から「平成24年度事業報告」と新商品の説明が行われました。また、「平 JA全中が主催する「第38回ごはん・お米とわたし」図画コンクールで、最高位の内閣総理大臣賞を受賞した尾道市向東町の松本日菜さん(当時小学4年生)の作品「田植え歌にのって」がこのほど凱旋し話題となっています。 JA広島中央会が同作品を広島市内のJAビル内に展示していたものをJA尾道市へ返還しました。JA尾道市は全国の最優秀作品を故郷の多くの人に観てもらおうと、連日、来店者でにぎわう産直「ええじゃん尾道」尾道店に飾っています。同店の展示コーナーに内閣総理大臣賞受賞作品として紹介。展示を始めた6月22日(土)には、多くの来店者が作品の前で足を止め、感心した様子で鑑賞していました。 来店した60代の主婦は「すごい迫力と色使い。細かい部分までていねいに描いていてすばらしいと思う。」と話していました。 同作品は松本さんが広島県の伝統行事を知ってもらいたいと「壬生の花田植え」を題材に描いたものです。2011年の図画コンクールで全国75,624点の応募作品の中から最優秀作産直に飾られた作品を観る来店者品に選ばれました。松本さんの作品は2010年の同コンクールで農林水産大臣賞の受賞など、高い評価を得ています。日本農業新聞定期購読お申し込み受付中!営農・販売の情報が満載地域再生のヒントを伝えます農政世論をリードする食農教育情報の発信輝く文化とひとにスポットお申し込みはお近くの支店・営農センターへ支店・営農センターで好評発売中!月々2,550円(税込)地元のおいしさギュッとお届け平成25年4月1日(月)〜9月30日(月)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です