JAおのみち8月号309
14/20

平成25年8月【JAおのみち】14【自動車共済契約をされている皆さまへ】万一、事故に遭われたときは下記までご連絡ください。JA尾道市の最寄りの本店・支店、または、JA共済事故受付センター 0120-258931(365日24時間受付)コミュニティ誌『AGREAT』をリニューアルJA尾道市の魅力を広くPR JA尾道市は平成21年から年2回発行している組合員外向けコミュニティ誌『AGREAT』をリニューアルしました。主に支店窓口で配布していましたが、PR効果を高めようと一部の地域の新聞に7月号を折り込みました。 体裁はA5版2つ折り8ページからB4版2つ折り4ページに変更。新たに読者プレゼントを盛り込みました。生産者の熱意や農産物などに対して読者に関心を深めてもらうため、「高品質栽培を」と呼びかける大前部会長 JA尾道市桃部会は6月21日(金)に総会及び出荷会議を開き、生産者、市場関係者ら72名が出席しました。 大前部会長は「今年は、開花から気温が上がらず生育が停滞し着果が心配されていましたが、現在では何とか収穫を迎えられる状況となっています。また、乾燥傾向で推移し、生産者にとって栽培が難しい年となっていますが、今後の栽培管理をていねいに行い、高品質な桃を出荷し桃部会が総会・出荷会議開くていきましょう。」と生産者へ呼びかけました。市場関係者は現在の市場情勢、今後の展望など話しました。 また、販売を担当する営農販売課の高田営農指導員から今後の栽培の注意点や出荷要領を説明し「消費者へ『尾道の桃』を幅広く知っていただくため、今年度も販売促進に力を入れ、産地強化に取り組みたい。」と意気込みを話していました。産地や産直の情報を充実させました。生産者にスポットを当てるコーナー『産地の職人』では、旬を迎えている尾道市因島重井町のスイカ生産者を取り上げ、産地の魅力や農業の楽しさを紹介。産直「ええじゃん尾道」を紹介するコーナーでは店舗内やイベントの情報を掲載しました。 編集を担当する同JA企画課の梶川課長は「リニューアルでより多くの方に見てもらい農業やJAへの関心を高めてもらいたい。」と話しています。ポイント1ポイント2ポイント3対人・対物、搭乗中の方などに大きな安心!全損害担保のお車の損害も幅広く保障!24時間・365日の事故受付、「夜間休日現場急行・ロードレッカーサービス」など頼れるサービスが充実。ご契約条件に応じた様々な割引をご用意。手厚い保障に手ごろな共済掛金。とってもお得です。JA尾道市は高いお客様満足度で広島県内の最優秀JAとして表彰されました。審査員部門では同課の大本主任と安保主任が優秀審査員として表彰されました。迅速、ていねいな事故時や事後対応が認められました。 まかせて安心!JA尾道市の自動車共済広島県でお客様満足度No.1です。JA共済でない他の自動車保険にご加入の方へ無料お見積りキャンペーン実施中!同一の保険内容で掛金をお比べください。詳しくはお近くのJA支店へお問い合わせください。安心の充実保障と頼れるサービスが納得の共済掛け金で大本主任これからも加入者の方にご満足いただけるよう頑張ります!だから安心!

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です