JAおのみち8月号309
16/20

16【LPガス供給センター】LPガスに関する事や、ガス器具の購入・修理等、お気軽にご相談ください。(尾道・向東・向島地区)☎0848-23-5522 (因島地区)☎0845-24-1211 (世羅地区)☎0847-22-1173女性部シリーズシリーズ 7月の女性部セミナーは各ブロックで料理教室。7月1日(月)から4日(木)の4日間は東尾道の「キッチン倶楽部」で尾道、向島ブロックが開催しました。約100人の参加者が『家の光』の記事を活用して和菓子の「みそしょうが松風」と「フルーツかん」などを作りました。JA職員がレシピの紹介や作り方のポイントを説明した後、旬の新しょうがを使うなど、季節を感じる和菓子作りを楽しみました。調理後には参加者は記事を活用して煎茶のおいしい入れ方を学びながら試食し交流を深めました。 参加者は、今回のセミナーで学んだ JA尾道市女性部の光年部が6月27日(木)に尾道市長者原スポーツセンターでカローリング大会を行いました。部員同士の親睦と健康増進を図ることを目的として行っている同大会には、女性部セミナーで料理教室JA尾道市女性部カローリング大会開催新しょうがに季節を感じながら交流を深める部員たち津波によって被災した住宅を視察しましたことを各支部へ持ち帰り、地域の活動で支部員へ広める予定です。真剣にプレーする女性部員点数をチェックする部員女性部リーダー研修で東北支援東日本大震災の被災地、福島県に3日間 JA尾道市女性部は7月11日(木)から3日間、女性部リーダー研修で東日本大震災の被災地を支援しようと福島県を訪れました。支部長を中心に32人が参加。津波を受けた学校や住宅などを視察した後、震災体験者の語り部から復興に歩んでいる姿や生の声を聞き、涙する部員もいました。 女性部員から「これから私たちに出来ることは何かあるか」などの質問が出ると、語り部は「多くの方に被災地に来てもらいたい。来てもらうことがこの地域の活性化につながり、復興が進むと思います。」と話していました。女性部員たちは口々に「帰って部員や知人に広めたい。」と話していました。 村上昭美女性部長は「今年の女性部活動のひとつに、被災地の復興支援を挙げています。被災者の生の声を聞き何が本当に必要なのかを知ることを目的に今回研修を行いました。これから私たちが被災地・被災者の方々に出来る支援は何かを全員で考え、引き続き支援を続けていきたいと改めて感じました。」と被災者との交流を通して話していました。福島県視察研修に参加した女性部員震災体験者から当時に撮影した写真を使った話を聞きました部員25人が参加しました。 尾道市スポーツ推進員がルールやテクニックについて説明し、JA職員チームを含め10チームでリーグ戦を行い、汗を流しました。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です