JAおのみち8月号309
4/20

44【キャッシュカードを紛失されたら】直ちに下記までご連絡ください。(営業日につきましては発行された本店・支店窓口へ)(夜間18:00~21:00、土曜8:45~20:00、日祝日8:45~19:00 0120-577931)地域を育む農業が持つ多面的機能を生かし活力ある農村の実現❶ 地域の実態に応じた農業振興農業者とともに地域の農業・農村の10年後を描き、持続可能な農業を 実現するため、地域営農ビジョンの策定・実践に取り組みます。❷ 産地販売力の強化消費者ニーズにあった農畜産物の生産販売の強化を図るとともに、生産情報の発信や高品質生産等によって信頼・安心される品目のブランド化等の育成強化に努めます。❸ 安全・安心な農畜産物の安定供給農畜産物の生産履歴記帳と確認を徹底。農薬使用基準の遵守を徹底するとともに、GAP導入による安全・安心な農畜産物の提供を行います。❹ 地産地消の展開農畜産物直売所を地域活性化の拠点の1つと位置づけ、生産者と消費者が一体となった地産地消運動の展開を強化します。わけぎ街頭宣伝活動農業塾重点取り組み事項●1営農指導体制のさらなる強化生産者の技術向上及び農家所得の向上に向け階層別営農指導員体制を整備し、指導員の資質向上に取り組みます。●2農業・農村を支える農業者の育成農業塾を開催し、作物部会や産直へ誘導し、部会専門塾による担い手の育成を図ります。また、作物部会員等から地域農業のリーダーを育成します。●3担い手経営体の支援法人・担い手経営体の生産販売力を向上し、経営や生産状況等の課題に応じた支援を関係機関と連携して行います。❶ 地域資源の有効活用豊かな自然を有効活用し、環境保全活動や農村文化交流など地域住民参加型の多様な交流事業を通じて地域づくりを進めます。❷ 鳥獣被害対策への取り組み耕作放棄地の急増による鳥獣被害が増加しています。安心して農農業生産できる環境づくりのため鳥獣被害対策に取り組みます。❸ 地域の合意に基づく農地の有効活用農地を守るため行政と一体となり農地の流動化による集積や水水田放牧による荒廃地の解消に取り組みます。❹ 農村空間を活用した交流の促進農村の高齢化が進む中、伝統芸能・文化を継承していくため、都都市住民との交流事業を通じて農村の活性化を図ります。❺ 組合員が主役となる教育文化活動次世代へ協同活動の継承や組織活性化のため、JAへの理解を深める取り組み、地域との結びつきを強化する取り組みなどの教育文化活動を行います。農産加工品づくり農村の環境を守り伝統文化を継承農を育む安全・安心な農畜産物づくり、地域特性のある作物の生産振興とブランド化人を育む高度で専門的な技術指導地域での話し合い安全を確保する取り組みの強化次代を担う農業者の育成を支援多様な担い手と地域農業を支える組織の育成支援支部を中心とした取り組み

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です