JAおのみち8月号309
9/20

9【農産物直売所 ええじゃん尾道 尾道店・向島店】地域の“旬”と“うまい”をお届けします。尾道店☎0848-55-9048午前9時から午後6時まで営業 向島店☎0848-20-6008午前9時から午後4時まで営業●いちじく 収穫最盛期に入ります。果実温度の低い早朝に収穫しましょう。収穫する際は、果実を傷つけないようにていねいに採収しましょう。【病害虫防除】 園内に腐敗果を放置していると、病害虫の感染源になります。こまめに園内を見回り、腐敗果は必ず園外に持ち出し処分しましょう。【灌 水】 先月同様に、晴天が続き乾燥する場合は、適宜、灌水を行いましょう。●も も 収穫終了後、すぐにハモグリガ、ダニ類の防除を行ってください。このほかに注意する病害虫はシンクイムシ類、カイガラムシ類、さび病などがあります。【秋季剪定】 秋季剪定は、2次伸長の発生が少なくなる9月中旬が適期です。葉が繁っている時期に行うと樹冠内部の日照を確認しやすいので、枝の整理を行いましょう。 日当たりが悪い所は枝が枯れ込み、結果枝が無くなってしまうので、日照を確保するようにしましょう。 乾燥が続く場合は灌水を行いましょう。●な し 今月の中旬から9月にかけて出荷します。果皮色だけでなく地色も確認して収穫を行ってください。品質的にばらつきがなく、味や着色が良い高品質果実を生産し、消費者から信頼される産地をめざしましょう。特に、糖度や酸抜けなど食味に注意して収穫を行ってください。【病害虫防除】 高温で多湿な条件が続くと病害が発生しやすくなってきますので、防除は早め早めに行ってください。●ぶどう【収穫が終了した園】 貯蔵養分を蓄えるために、葉を健全に保ちましょう。 収穫終了後すぐに、速効性の肥料を施用し、灌水を行って、樹勢の回復を図ってください(『燐硝安加里S604』を15㎏/10a)。 灌水は、収穫終了後も定期的に行ってください。 収穫の終わったハウスは、ダニやカイガラムシを発生させないために防除を行ってください。【これから収穫を行う園】 裂果対策は万全ですか? 排水溝や樹冠下のマルチング等を行ってください。着色期から収穫期にかけても、水分は必要なので、定期的に灌水を行ってください。 出荷始めには、担当者から熟度、酸抜け、食味などについて、アドバイスを受けてください。【灌 水】 なしの後期果実肥大は灌水次第です。 収穫前の果実肥大期には、乾燥しないように、しっかり灌水を行ってください。【病害虫防除】 黒星病に注意し防除を行ってください。晴天が続くようであれば、ダニやアブラムシの発生に注意が必要です。収穫前に黒星病とハダニ類を発生させないために、ていねいに防除を行ってください。・作業前にゴミを拾おう!・作業にあった服装をしよう!・2時間ごとに休憩しよう!・安全フレームを 付けよう!・道路走行中はブレーキ ペダルを連結!・圃場の出入りは作業機 を下げ、まっすぐに!・保護カバーを付けよう!・手や足を刃に近づけない!刈払機・耕うん機作業では防護手袋防護メガネすね当て作業靴安全確保のチェックポイントSTOP!!農作業事故ヒヤリ・ハットをなくし、農作業事故をゼロに!トラクター作業ではどんな農作業でも

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です