ええJAんおのみち12月号385
13/20

市は男子の部で花本博康さんが6位入賞、小林義昭さんが8位入賞、女子の部では大塚洋子さんが準優勝されました。 JAバンク広島は11月6日(水)、東広島運動公園で第7回JAバンク広島杯ふれあいグラウンド・ゴルフ大会を開催しました。県内から270人を超える参加者が集まり、JA尾道市からは30人が参加しました。参加者は日頃の練習の成果を発揮して白熱した試合を展開するとともに、JAの枠組みを超えた交流を楽しんでいました。 競技の結果、JA尾道 JA尾道市は11月2日(土)、3日(日)の2日間、東尾道経済事業本部でメモリアル展示会を開催しました。来場者には「お米のすくいどり参加無料券」のプレゼントや、JA職員が会場前にブースを設置してJA加工品やうどん、旬の果物を販売しました。 会場内には協賛業者による仏壇、仏具、お歳暮商品などが、屋外会場では様々な墓石が展示されて 吉和地区の社協、公衛協、JA尾道市吉和支店ら11団体が組織する「ネットワーク吉和」が開催した吉和灯りまつり(10月26日)と八幡神社大祭(同27日)に吉和支店が参加しました。 祭り当日には神楽奉納、いました。また、協賛業者である石材会社が石釜でピザを焼き、無料で焼きたてのピザの提供やお念珠作り体験、無料にがお絵と様々なイベントがありました。地区内小学生らが作成したぼんぼりの点灯をメインに地域の団体が屋台を出店し、吉和支店は射的コーナーで来場者した子ども達とふれあい、祭りを盛り上げました。 「ネットワーク吉和」は平成14年に地域内の各団体が子どもからお年寄りまでが住み良いまちづくりに取り組もうと立ち上げられました。JA尾道市吉和支店も地域に根付いた組織としてまちづくりに貢献しようと同組織の立ち上げから参加。現在も同まつりのほか「吉和こども祭り」「吉和公民館まつり」等、地域の行事に参加しています。 このたびの両祭りの参加に吉和支店の宗光支店長は「JA自己改革の大きな柱である地域活性化に取り組むという観点から、JAとして参加し地域の方に喜んでいただけていることが、地域貢献につながっていると実感しています。これからも積極的に参加し地域のなかでの存在感を出していきたい。」と話しています。入賞者で記念撮影が行われました(男子)入賞者で記念撮影が行われました(女子)展示会で説明を聞く来場者地域の子ども達とふれ合う吉和支店の職員メモリアル展示会を開催JA吉和支店地域の行事で活躍JA熱戦を繰り広げる JAバンク広島杯ふれあいグラウンド・ゴルフ大会開催JA13【福祉事業より】元気な組合員の皆様から、介護を必要とする皆様を対象に「福祉」と「健康」を核とした生活支援に取り組んでいます。まずは、「なごみ」までご相談ください。 ☎0848-56-0522

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る