広報誌・産地を守る人々

JA尾道市管内は「日本の縮図」と言われ、瀬戸内海の島しょ部・沿岸部から中国山地の世羅高原まで多様な立地条件や気象条件の下で形成されてます。
実際に、柑橘、米、わけぎ、もも、ぶどう、なしなど多様な農畜産物が生産されています。広報誌では、管内で農畜産物に携わるスペシャリストを紹介しています。

産地を守る人々

AGREADERS ~我々が農業を引っ張る~

親子で、姉弟で育てる大きくて甘い岩子島の「トマト

尾道市向島町岩子島 森川 響子さん(33歳) 力石 将彰さん(32歳)

わけぎとトマトの産地として知られる岩子島で、30代の若い生産者がいきいきと働いていました。森川響子さんと力石将彰さんの姉弟は、両親の姿を見て農業の世界へ。「難しいけれどやりがいがある」と前向きに農業に取り組む2人にお話をお伺いしました。

  • AGREADERこだわりの「桃太郎ヨーク」

    AGREADER
    こだわりの「桃太郎ヨーク」

    平均200グラムを超え、大きいものでは500グラム近くまで育つという大玉が特徴。岩子島のミネラル豊富な土や水から生まれる大きくて甘いトマトは、肉厚で食べ応えあり!地域を代表する農作物として、「尾道ブランド」にも認証されています。

    • 姉弟の父である善博さん(64歳)は、2013年にトマト、2017年にはわけぎで登場していただいた農業の大ベテラン。子ども達の選択について「今までしてきた仕事より、農業の方がいいと思ってのこと。親としては応援していきたいですね」とにっこり。家族で農業ができる喜びが、その表情からも伝わってきました。

  • 楽しそうな両親の姿に導かれ自然と農業の道へ

    薬剤師をしていた森川さん、自動車用メーターセットの電子設計を手掛けるサラリーマンだった力石さん。それぞれ前職は異なるものの、現在は5代目の農家としてわけぎとトマトを栽培する2人。一体なぜ農家になろうと思ったのでしょうか?
    「両親が楽しそうに農業をする姿を見て育ちました。母はいつも『楽しい』『やりがいがあるよ』と言っていましたね(笑)。薬剤師の仕事もやりがいはありましたが、農業に対する興味がそれを上回りました」と話すのは、3年前に就農した森川さん。また「いずれは農業をしたい」との思いを抱いていた力石さんは、昨年のコロナ禍を機に、5年後くらいと考えていた予定を早め、島に戻ってきました。

    しっかりと手を掛けていいトマトを作りたい

    現在、両親と共に13棟のハウスでトマトを栽培。家族4人がそれぞれ自分の担当するハウスで植えつけから収穫まで担うので、「責任重大です」と森川さんは話します。
    「トマトは意外に繊細。水やりの時間も、10秒変えるだけで様子が変わってくるし、隣り合う木でも状態は違います。去年と一昨年は全く分からなかったので、両親に聞きながらやりましたが、今年はまず自分でやってみて、何か分からないことがあれば聞くようにしています。自分で考えて工夫して、それが合っていたら結果がすぐに分かるのが面白いですね。難しいけれど、その分やりがいもあります」
    「今年初めて一からトマトを育てた」という力石さんも、「水やりや温度管理など、その日に絶対やらないといけない作業以外のこと、例えばわき芽やいらない葉を摘むことなどを意識してやるようにしています。やればやるだけちゃんとしたものができると思うので、しっかり手を掛けて、両親や姉に負けないようにしたいですね」と力を込めます。
    「今年はいいトマトができた」と声をそろえる2人。高齢化が進む産地を支える存在として、今後の活躍が期待されます。

広報誌

広報誌 JAおのみち広報誌 JAおのみち
【電子ブック推奨環境】
  • パソコン OS:Windows 7 以降、Mac OS X 10.9以降
    ブラウザ:Internet Explorer11以降、Edge 最新版、Firefox 最新版、Safari 最新版、Chrome 最新版
    通信環境:ブロードバンド以上
  • スマートフォン/タブレット
    1. iPhone/iPad
      OS:iOS9以上
      ブラウザ:Safari
    2. Android
      OS:Android OS 4.4.4以上
      ブラウザ:Chrome
      ※メンテナンス等により、一時的にサービスを中断する場合がありますので、予めご了承ください。

2021年(令和3年)広報誌バックナンバー